介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

完璧すぎる嫁〜自分の居場所がなくなる時・同居介護の難しさ〜

日本における65歳以上の高齢者が子と同居している割合は年々下がり続けています。1999年には50%となり、2013年以降は遂に40%以下という水準を辿っている状況。高齢の両親に介護が必要になった時、子世帯が同居できるケースは少ないですが幸運なことに同居できる世帯もあります。しかしこの「幸運」が、新たな家族の形成に様々な影響を与えることにもなります。息子家族との同居生活がスタートし、これまでの生活の変化や新たな家族の存在に悩んだケースについてご紹介しましょう。

関連記事:認知症の妻の介護でみえたこと−介護家族と医師の視点から その後 vol.6 食事

関連記事:何処へ向かうのか、介護保険

関連記事:栄養士と在宅ケア

ある日、息子家族と同居が始まる

 80歳女性Aさんは82歳の夫と2人暮らし。Aさん自身は脊柱管狭窄症の手術後、腰から下肢にかけての動かしにくさがあり、家事を行うことに時間がかかるようになりました。夫は数年前に脳梗塞を患い軽度の麻痺があります。家内の活動はほぼ自立してできますが、動作は全体的にゆっくりで外出の機会は減っていきました。

 高齢夫婦2人暮らし。互いに身体の動かしにくさがある状況で、もっとも不自由を感じたのは買い物です。スーパーまでの行き来、商品を運ぶということが大きな負担になってしまいました。そこで、2日に1回、市外に住む長男のお嫁さんが自身のパート勤務を終えてから買い物と家事の手伝いに通って来ています。通い介護が1年を過ぎた頃、お嫁さんの提案で「冬になる前に同居しましょう。自分たちが引っ越してきます」ということに決まったのです。

 Aさんは最初、息子家族が同居してくれるということに遠慮と戸惑いを感じていました。しかし、夫が素直に喜んでいることや近所から「それは羨ましい、幸せなことですね」と言われることで、同居を喜びとして受け止めることに。高校生の孫と一緒に暮らせること自体は、純粋に嬉しいことでもありました。

次のページは・・ 完璧なお嫁さん

キーワード: 介護家族 , 要介護 , ケアマネジャー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 2
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 若者による介護

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る