介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

理解してほしい、ケアマネジャーは偉そう?〜ケアプランでみんなを守りたい〜

介護保険制度の制定と共に現れた「ケアマネジャー」という新しい資格とその存在。介護を必要とする高齢者の望む暮らしを実現するため、それに向かってケアチームが適切な関わりが出来るようにケアプランを作成する役割を担います。しかし「ケアマネジャーは偉そう」「ケアマネは何もわかっていないのに上から目線」などという言葉を耳にすることも。介護職を10年経験し、ケアマネジャーとして6年目となった私自身。自己への振り返りと自戒、そしてケアプランにかける想いをお伝えしたいと思います。

関連記事:ケアマネは偉いのか

関連記事:介護サービス事業所にとってのケアマネジャー

関連記事:ケアマネジャーと社会福祉協議会の連携

ケアマネジャーを「偉い」と崇めること

 ケアマネジャーとして仕事を始めたときに、「居宅介護支援のケアマネジャーこそがケアマネの醍醐味で花形」と話すベテランのケアマネジャーに出会いました。しかし私には、なぜそう言い切るのかが理解できなかったのです。そこで、「介護施設に入居せず自宅での生活を続けている高齢者や介護にあたっている家族の支援にこそやりがいを感じる」ということだと考えました。しかし、どうやら別の意味もあったようです。

 ケアマネジャーとしてショートステイにモニタリング等で訪問すると、玄関先で丁寧な挨拶を頂くことが少なくありません。「どうぞお座りください」と、どこからともなく丸椅子を持った介護職員が現れて、幾度となく腰掛けるように促されることがあります。モニタリングのために訪問しているので、利用者がベッドへ横になっていればしゃがんで話せます。こちらとしては接待じみたことを期待しているわけではないものの、場合によってお茶まで出てくることまであるのです。

 福祉用具事業所との関わりでは、展示会や研修に招かれると豪勢な昼食付きだったり、たくさんの試供品や用意されていたひざ掛けを持ち帰っても良いとまで言われたり。介護職として働いていた時には考えられないような周りの対応に、大変驚き戸惑いました。

 特にショートステイのモニタリングでは、相談員や介護職員は忙しい業務中であるにも関わらず、ケアマネジャーが来たとなると仕事の手を休めさせてしまっているように見受けられ、訪問するのが申し訳なくなります。

 介護職として通所サービスで働いていた際、事務室から「今ケアマネが来て、そっちに向かったから失礼のないように」と内線を受けたことがあります。また、担当者会議に介護職員として出席した際、話し合いの中で車いす付属品としてクッションのレンタルを新たに開始することになったケースでは、帰りがけにケアマネジャーが福祉用具担当へ「手土産が出来て良かったでしょ」と言ったのを目にし、不快な気持ちになったこともありました。

 ケアマネジャーに気に入られないと新規の利用者の紹介がされない。そんな思いが介護の現場には確かに存在し、自分が介護職として働いていた時にはケアマネジャーの存在を特別視していたことも。このような周りの対応から、自身の存在を勘違いして捉え、「偉いケアマネジャー」が出来あがってしまうことは否めません。

次のページは・・ 御用聞きケアマネジャーが誕生するとき

キーワード: 多職種連携 , ケアプラン , ケアマネジャー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 3
賛成 1
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る