介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

リハビリで出来ることを実用化するための模索〜住宅改修で「できる」を実現〜

介護保険による住宅改修は、初めて介護認定された際や実際に転倒してしまったときなど、利用者本人や家族が「介護が必要」と感じたごく初期に行われることが少なくありません。また、退院などを機に身体に大きな変化が生じた際などにも、住宅改修を行う場合が多いでしょう。住宅改修は一度してしまえば、追加で行うということはあまりないかもしれません。しかし身体機能の低下に限らず、リハビリの成果における機能向上に伴い、併せて住宅改修を検討していくことも必要です。今回は、段差解消のケースについて紹介します。

関連記事:自立支援に必要なリハビリテーションマネジメント

関連記事:福祉住環境コーディネーターを介護職が取得するメリットとは

関連記事:すぐできる!身近な住環境整備〜介護職の視点から〜

スロープ設置をする前に

 自宅玄関から道路に面した庭先にかけて、介助でも車いす昇降できないほどの段差がある場合。まずスロープの設置が思い浮かびます。

 介護保険・住宅改修のスロープの設置では、介助者が安全に車いす移動できるように考えて行われることが大切です。しかし、スロープの長さや角度、介護される側の体格によっては、介助者にかかる負担が大きい場合があります。例えば上りでは勾配を一気に押し上げなければならず、下りでは後方確認しながら後ろ向きで車いすを引きながら後退しなければいけません。思った以上に介助者の肘や肩、腰に負荷がかかるほか、足周りへの注意が常に必要です。

 また、同居家族自身の普段の行き来を考えると、完全にスロープにすることがためらわれるケースもあるでしょう。外構のスロープはコンクリートで製作するため、後に後悔しないように慎重に検討しなければなりません。

次のページは・・ 車いす介助でもスロープではなく階段に改修したケース

キーワード: リハビリ , 福祉用具 , 住環境

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 1
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る