介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

自立支援に必要なリハビリテーションマネジメント

地域包括ケア確立に向け、国は施設介護から在宅介護へと転換を進めています。そのため、施設・在宅どちらで介護業務を行うにしても、しっかりと自立支援を意識していくことが重要です。そこで、今回は自立支援を進めていくために有効なリハビリテーションの考え方についてご紹介します。

関連記事:麻痺があってもジーンズを格好良くはきこなす

関連記事:リハビリ特化医療専門集団 ゴルディロックス Vol.1

関連記事:みま〜もサミット vol.1

リハビリテーションとは

 一般的なリハビリテーションのイメージは、筋力トレーニングや歩行練習といったいわゆる「機能訓練」と言われるものだと思います。しかし、それは狭義のリハビリテーションであり、本来の意味とは少し異なります。

 本来のリハビリテーションとは、障がいや病気を持っても、できるだけ普通の人と同じように自立した生活を送り、より豊かな生活を目指すためのものです。理学療法士などにより病院で行われる機能訓練ももちろん当てはまりますし、生活を自立するための社会支援、生活支援などもきちんと目標に向かって実践すれば広い意味ではリハビリテーションになります。

 そのため、介護に携わるすべてのスタッフがリハビリテーションの考えを共有し、サービスの提供を行うことが、在宅生活の継続そして自立支援に重要なのです。

リハビリテーションマンジメントとは

 リハビリテーションの概念について説明しました。ではリハビリテーションマネジメントとはなんでしょう? 厚労省による定義がありますが、簡単に言うと、自立支援や活動参加の目標を達成するために、適切なリハビリテーションが行えるよう継続的に管理をすることです。具体的な方法は後で説明させていただきます。

 一般的にリハビリテーションマネジメントいう言葉は、介護保険サービスにおいて使用されています。医師やリハビリテーション専門職がいる介護老人保健施設や通所リハビリ、訪問リハビリで使用されおり、介護報酬の対象となっています。

 しかし、リハビリ専門職がいない施設でも実践することは可能です。自立支援、在宅復帰に向けた方法について具体例を示しながら紹介します。

次のページは・・ リハビリテーションマネジメントの実践

キーワード: リハビリ , 地域包括ケアシステム , 自立支援

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 2
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る