介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

注目資格!介護福祉経営士とは?

介護業界は成長産業として注目され、多くの企業の参入が進められてきました。その中で、介護福祉業務だけでなく、介護福祉産業に特化した、経営知識を持つ専門職のニーズが高まっています。そこで注目されているのが、「介護福祉経営士」という資格です。今回は介護福祉経営士とはどんな資格なのか紹介します。

関連記事:介護関係の資格は役に立つ?

関連記事:介護市場の疲弊が現場にもたらすもの

関連記事:施設の組織力アップを図ろう

介護福祉経営士とは?

 介護福祉経営士とは、日本介護福祉経営人材教育協会が認定する資格です。成熟途中である介護福祉業界において、経営、マネジメントのできる人材を育成するために作られました。1級と2級の2階級からなり、2級では介護福祉経営に必要な基本的な知識を学びます。1級では介護福祉経営における先進施設へ実習を行うなど、より実践的な知識、手法を学びます。

 2013年4月の資格試験開始から、累計で1,000人以上の介護福祉経営士が誕生しています。今後、さらに注目されることが期待される資格なのです。

次のページは・・ なぜ、今、介護福祉経営士が必要なのか?

キーワード: コミュニケーション , 介護スキル , 経営

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る