介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

高齢者を転倒から守ろう!施設における転倒予防に必要な知識と実践例

高齢者にとって転倒は骨折を招くだけでなく、要介護状態の悪化や生命予後にまで関わります。そのため、介護現場で転倒を予防することは重要な課題です。今回は転倒予防に必要な知識をおさらいしつつ、介護施設における実践例についてご紹介します。

関連記事:介護事故防止は今や最優先課題に

関連記事:介護予防について思うこと

関連記事:高齢者施設での事故〜事故の予防とやってはいけないこと

転倒によって引き起こされるのは怪我だけじゃない!?介護度の悪化や寿命にも影響

 転倒に対する基礎的な知識として、転倒によって何が引き起こされるのかを知っておきましょう。転倒に骨折や頭部外傷といった怪我を引き起こすリスクがあることは、よく知られています。これらの怪我は介護施設に入居する高齢者になると、より発生のリスクが高まるでしょう。

 しかし高齢者が転倒すると、怪我だけでなく、介護度の悪化や寿命にも影響を及ぼすと言われています。厚生労働省の調査によると、要介護の原因として骨折・転倒は4位。介護度の悪化に大きな影響を及ぼす一因となっているのです。

 また、2016年に厚生労働省が発表した人口動態調査では、日本人の事故死として転倒や転落は窒息死についで2位となっています。さらに驚くべきことに、「同一平面上の転倒」に限定しても交通事故よりも件数が多く、いかに転倒が生命に関わっているかが分かる結果となっています。

参考 平成28年人口動態調査 上巻 死亡 第5.30表 不慮の事故の種類別にみた年次別死亡数及び率(人口10万対)

次のページは・・ 転倒予防の原因は?原因を知って対策を立てよう

キーワード: 介護予防 , リスクマネジメント , 見守り

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る