介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

2018年介護報酬改定 通所介護の新設加算のポイント

2018年の介護報酬改定で、通所介護にいくつかの加算が新設されました。今回はどんな加算が新設されたか、算定要件は何か?など、加算の概要を見ながらリハビリ職との連携について考えてみます。

関連記事:形だけのICTに振り回されないために

関連記事:「自立支援強化」と「利用者の尊厳」

関連記事:今改定で現場の「人」は守れるか?

通所介護に新設された加算とは?

 新設された加算として、「生活機能向上連携加算」と「ADL等維持加算」があります。「生活機能向上連携加算」は、自立支援を評価した加算。外部のリハ職と一緒に定期的なアセスメントを行い、個別機能訓練計画を立てることで算定が可能です。現状では個別機能訓練の実施にリハビリ職を配置することができない通所介護事業所も多く、その救済策として追加された加算でもあります。

 「ADL等維持加算」は、自立支援に必要な要介護度の重度化予防を評価した加算です。一定期間の評価結果から、ADLの維持や向上を図ることができた事業所が算定できます。算定には「バーセルインデックス」というADL評価ツールを使用します。サービス提供の結果のアウトプット部分を評価した加算です。

 どちらの加算も、ポイントとなるのがリハ職との連携です。日頃、リハ職との関わりがない通所介護において、これらの加算を算定するにあたりどのように連携すれば良いのか悩むこともあるでしょう。そこで、2つの加算におけるリハ職との連携ポイントを見ていきます。

次のページは・・ 生活機能向上連携加算のポイント

キーワード: 多職種連携 , 介護報酬 , デイサービス

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る