介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

介護業界で給料アップするには?

介護業界は他業界と比べると低賃金であり、それが人材不足の原因の一つであるといわれています。ではこの介護業界、給料をアップさせるためにどのような立ち回り方やポイントがあるのでしょうか。

関連記事:介護福祉士の資格を取る?

関連記事:栄養士と在宅ケア

関連記事:職員評価の「ゆがみ」はなぜ生じるか

施設長クラスになれば年収600万円も目指せる

 施設長は施設を代表する立場ですが、給料もそれなりに高く、一般企業の管理職並みということがあります。現在もし介護施設で働いているのであれば、施設長を目指してみるのも良いかと思います。

 施設長は施設を管理する立場にあり、介護以外にも運営に関しての知識も必要になります。事業運営していくには、職員教育はもちろんですが、財政状況の見極めや経理などの数字にも強くなければいけません。現場にいながらそういった知識を身に着けていくのは、なかなか難しいことでしょう。そのため、事務方の仕事についてみることもお勧めします。介護職から目指せる事務方としては、生活相談員やケアマネジャーが挙げられます。生活相談員やケアマネジャーであれば、事務所が主な働き場所になることが多いはず。そのため、身近に施設長の仕事を把握することができるでしょう。

 また、施設によっては本社(母体の本体)からの天下りで施設長になっている場合もあります。介護職から生え抜きの施設長になれる可能性は、極めて低いといえるでしょう。現在の施設長は、もともと何をしていたのか。介護職から施設長になっているのであれば、施設長になれる可能性は高いと言えそうです。

次のページは・・ 資格を幅広く取得する

キーワード: 介護スキル , 経営 , ケアマネジャー

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 2
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. ケアマネジャーと医師は連携できる?

    NEW!
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. 介護職、親の介護に直面して

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る