介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

福祉士の違いについて

福祉士といっても、さまざまな種類があります。資格取得の方法や難易度等も違えば、資格を取得してからの活躍の場、あるいは仕事内容にも違いが。ここでは、それぞれの特徴をご紹介したいと思います。

関連記事:介護福祉士の資格を取る?

関連記事:介護人材が主体的に道を開くために

関連記事:地域福祉から生まれる居場所 - 1.

介護福祉士は福祉業界で幅広く活躍できる

 介護業界では、介護福祉士が基本的な資格となります。高齢者介護だけでは無く、障がい者支援の事業所や近年急速に増加している障がい児デイサービス等の場面でも幅広く活躍しているでしょう。また、現場職員としてはもちろん、介護福祉士の資格を持っていると管理業務をおこなう事ができたり、サービス提供責任者として業務が出来たりします。さらに、役職に就くことも多くあるでしょう。

 介護福祉士の資格を取得するにはいくつかの方法があります。一つ目は、介護の仕事を3年以上行い、なおかつ実務者研修を取得した後に試験を受ける方法。二つ目は、福祉系の高校で学んだ後に試験を受ける方法です。なお、後者は学校によって技術講習を別途受ける必要があったり、実務経験を必要とする場合があったりしますので注意しましょう。

 そして三つ目の方法が、福祉系や保育系の大学や短期大学・専門学校等で学んだ後、介護福祉士養成学校において1年以上受講してから試験を受けるもの。高校を卒業後、介護福祉士養成学校において2年以上受講することでも受験資格が取得できます。

 介護福祉士の試験は筆記試験と実技試験の両方。これらで基準点を満たせば合格となります。筆記試験は誰もが受けなければなりませんが、人によっては実技試験が免除になることがありますので確認しましょう。

次のページは・・ 福祉サービス全般の知識を活かす社会福祉士

キーワード: 介護スキル , 人材マネジメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 介護関係の資格は役に立つ?

    • ●3
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 1
ページの先頭に戻る