介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

福祉士の違いについて

福祉サービス全般の知識を活かす社会福祉士

 社会福祉士の資格を活かして働ける場所は、高齢者介護事業所・児童分野・障がい者支援事業所・病院・役所など数多くあります。どこで働くかによって、仕事内容や名称等が違います。

 例えば病院で働くのであれば「MSW (医療ソーシャルワーカー)」と呼ばれ、退院後の生活を安心して送る事が出来るよう、患者や患者を取り巻く方も含め退院後の生活の相談や必要な福祉サービスを検討・提案する仕事です。対して介護施設であれば「生活相談員」と呼ばれ、入居者やその家族に対しての相談援助や、介護スタッフとの連携や調整等を行います。

 どこで働くにしても、利用者と福祉サービスを繋ぐ役割を果たさなくてはなりません。その為、豊富な知識やコミュニケーション技術を必要とします。対人援助ですので、なかには気難しい方もいらっしゃるでしょう。困難なケースの対応をしなければならない場合もありますが、やりがいも大きい仕事です。

 社会福祉士の試験内容には、高齢者介護や障がい者支援・児童福祉等多くの分野が含まれています。出題範囲がとても広く、受験勉強は大変だと言われている資格です。社会福祉士を取得する方法でもっとも早いのは、福祉系大学で指定科目を履修した後に国家試験を受けること。ただし、大学によっては4年間で受験資格を満たす履修内容が網羅できていない場合もあるので、入学前に調べるようにしましょう。

 他の方法としては、福祉系の短期大学や専門学校で学んだ後、養成学校に通う方法があります。こちらは養成学校での勉強とは別に、相談援助の実務経験を2年間必要としますので注意してください。

次のページは・・ 精神障がいのある方への支援活動をおこなう精神保健福祉士

キーワード: 介護スキル , 人材マネジメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る