介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

福祉士の違いについて

精神障がいのある方への支援活動をおこなう精神保健福祉士

 精神保健福祉士の仕事は、心の病気の方が安心して生活を営む事ができるように、相談や助言、またさまざまな機関の調整を行うものです。主な就業先は病院や精神保健福祉センター、障害者支援事業所等が挙げられます。

 精神保健福祉士は社会福祉士の資格方法と似ており、もっとも早い資格取得の方法は、保健福祉系大学で指定科目を履修した後に国家試験を受けるものです。保健福祉系の大学以外(短期大学等)を卒業した方は、別途、精神福祉養成校で6か月もしくは1年の通学が必要だったり、相談援助の実務経験を1年もしくは2年必要となったりすることもあります。これらの必要期間は通った学校の履修内容で異なるため、きちんと確認するようにしましょう。

関連記事:介護福祉士の資格を取る?

関連記事:介護人材が主体的に道を開くために

関連記事:地域福祉から生まれる居場所 - 1.

キーワード: 介護スキル , 人材マネジメント

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 1
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 介護関係の資格は役に立つ?

    • ●2
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る