介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

ボバ

30代,男性,老健にて通所リハビリ管理者を7年、のち支援相談員、ケアマネ、事務長を経験。現在は介護業界に身を置きながら、コラム執筆などを行っている。介護福祉士・社会福祉士・介護支援専門員

ボバの記事一覧 (16)

  1. サムネイル

    家族に介護方法について聞かれたら・・・

    平成30年度の介護保険改正において、施設から在宅への流れが強化され、今後さらに進んでいくものと考えら…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. サムネイル

    改定介護保険法による介護老人保健施設の方向性

    今回の介護保険法改正により、老健の基本報酬が「スコア型」と呼ばれる加点方式に変更されました。これは1…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  3. サムネイル

    病院と老健の働き方、意識の違い

    介護職員と言えば、一般的に介護サービス事業所に従事しているイメージを持たれがちです。しかし中には、療…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  4. サムネイル

    介護施設で喜ばれる研修とは?

    介護施設において、職員の質の向上のために研修制度を取り入れているところも多いと思います。実際に内部研…

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  5. サムネイル

    入所系施設で困った……ショートステイの持ち物忘れや衣類間違いを防ぐには

    介護系施設で働く介護職員の悩みの一つに、利用者(入所者)の持ち物に関するものがあります。一般的に高齢…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  6. サムネイル

    介護老人保健施設が抱える課題―在宅復帰・在宅支援は本当に利用者にとって喜ばしいものなのか

    先般、次期介護報酬改定の大枠が決定し、その中で介護老人保健施設(以下、老健)における在宅復帰・在宅支…

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  7. サムネイル

    リハビリはセラピストだけではない、介護職でもできるリハビリとは

    一般的にリハビリと言えば、理学療法士や作業療法士などセラピストが機能回復を行うイメージがあるでしょう…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  8. サムネイル

    あなたはどちらに向いている?大規模施設と小規模施設の特徴やメリットデメリット

    介護保険法が施行されて17年が過ぎ、現在さまざまなタイプの高齢者施設が存在しています。介護保険法施行…

    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  9. サムネイル

    高齢者施設で働く介護職におけるストレスマネジメントについて

    高齢者施設で働く介護職員は、利用者の身体介護だけが業務ではありません。入所されている高齢者の居住空間…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  10. サムネイル

    責任者だけでなく現場の介護職員ができる通所サービスの顧客獲得法

    介護サービスにおいて、ホスピタリティや奉仕の精神は当然根底になくてはならないものです。しかし介護サー…

    • ●0
    • ●2
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0

記事別新着コメント

 もっと見る

コチラのオーサーもどうぞ

ページの先頭に戻る