介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

介護職は本当に低賃金!?

10年ほど前から、各メディアで「介護職=低賃金」というイメージが定着し始めました。高校生が選ぶ職業では常にワースト上位に有る介護職。しかし本当に、介護職は低賃金・重労働なブラックな業種なのでしょうか。

関連記事:介護のキャリアアップに役立つ資格

関連記事:60歳過ぎて第2の人生は、デイサービスの運転手 顔晴る(がんばる)地域の新人職員から学ぶこと

関連記事:介護福祉士受験者急減の背景を探る

各地での有効求人倍率

 都市部では求職数が溢れ始め、東京の有効求人倍率は2017年2月末時点で2.03倍。年齢と職種によりますが、私が経験した就職氷河期時代と比較するととても恵まれた環境と言えます。そんな求人数が溢れている中、各企業は人員を確保しようと賃金も上昇傾向で、介護職と比較すると高賃金な待遇のところも多く見られます。

 その一方、地方部に目を向けると、有効求人倍率は沖縄県で1.02倍、北海道で1.09倍と、決して求職数が溢れているというほどではない数字になっています。都市部と比較して業種によりますがそこまで賃金の上昇は著しくなく、非正規雇用や契約職員の求人もまだまだ見られている現状です。

介護職は本当に他業種と比べて賃金が安いのか

 実際、介護職の賃金は全産業平均と比較して低い数値になっている統計も出ています。しかしその一方で、稼働年数が長くなるにつれ、他業種よりも高い年収になっているようです。特に女性が主体となる職種においてその賃金の違いは顕著。販売店員や事務職など、一般的に女性に人気のある職種において、正社員登用ではなかったり賞与が出ない会社であったりと、年収ベースで300万円以下という業種がまだまだ地方部には多く求人として出ています。

 しかしその一方、介護職の場合、高卒入社時で介護職員処遇改善加算算定を取っている事業所であれば、基本給+各種手当で、初任給20万円を超え3年目には年収350万円を超える介護事業所も珍しくありません。さらに、非正規雇用ではなく正社員としての登用ですから、長く務めるにあたり安定した雇用と言えます。

次のページは・・ ライフイベントに柔軟な対応が可能

キーワード: 介護職員処遇改善加算 , 介護スキル , 人手不足

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 11

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 実習生に伝えたいこと

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る