介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

リハビリはセラピストだけではない、介護職でもできるリハビリとは

一般的にリハビリと言えば、理学療法士や作業療法士などセラピストが機能回復を行うイメージがあるでしょう。しかし、特に高齢者におけるリハビリにおいては、機能回復を図る事だけが目的ではなく、日々の機能を維持していくということも目的も含まれてきます。実際、高齢者を取り巻く在宅・施設介護双方において、専門職であるセラピストがマンツーマンで直接的に行うリハビリは回数や時間的な制限がある中で行われており、医療機関での手厚いリハビリとは少し異なってきます。その反面、高齢者の方々は身体を動かさないと運動機能の低下が進行してしまうリスクが高く、機能維持のためにも何かしらの手段で運動など身体を動かす機会が必要になってきます。そこで今回は、専門職のセラピストが行うリハビリではなく、高齢者に最も多い頻度で関わる介護職が行うリハビリについて具体的な場面などを挙げながら見ていきましょう。

関連記事:リハ職がカバーできない介護職の役割

関連記事:健康でおいしい食事を食べられる支援とは

関連記事:「自分で出来ることは自分でしましょう」〜言われたらどんな気持ち?〜

介護職は日常的にリハビリを行っている

 介護職は介護業務の中で、当たり前のように高齢者に対しリハビリを行っているでしょう。しかし意外と、その介護の効果にまで意識を向けていない現状があります。もちろん、ただ身体を動かしてもらえば良いというわけではありません。また、リハビリの中には専門職の評価やアドバイスのもとに行わなくてはならないものもあります。急性期や回復期など、場面によってはやはりリハビリ専門職が行うことが望ましい場合もあるでしょう。

 しかし前述したように、急性期や回復期のリハビリも重要ですが、実際には短期的なリハビリが行われる時期よりも、維持期に該当するそれ以降の時期の方が高齢者本人にとってはずっと長い期間になります。その維持期とされる日々においてリハビリを行うことは運動機能の低下を防ぎ、これによって健やかな生活を過ごせることは当然でしょう。そしてその支援のためには、リハビリ専門職だけではなく介護職におけるリハビリが必要となると考えます。

次のページは・・ ただ歩く事が目的ではなく、自宅などその人の生活圏域に沿った移動の訓練

キーワード: 在宅 , リハビリ , 老人保健施設

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 総合事業の危機、地域はどう対処?

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. 10月からの福祉用具貸与の展望

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る