介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

病院と老健の働き方、意識の違い

介護職員と言えば、一般的に介護サービス事業所に従事しているイメージを持たれがちです。しかし中には、療養病院を代表に、医療機関に従事している人も少なくありません。今回は医療系施設の中でも、病院と介護老人保健施設の2つについて、介護従事者としての意識や働き方の違いをお話します。

関連記事:2018年度は転換期!在宅支援機能を問われる老健の役割とは?

関連記事:介護老人保健施設が抱える課題―在宅復帰・在宅支援は本当に利用者にとって喜ばしいものなのか

関連記事:介護老人保健施設ってどんな施設なの?

病院に従事する介護職員の意識や働き方

 療養病床を始め、高齢者が多く入院している病院において、介護職員はどのような業務を中心に行うのでしょうか。

 病院では当然ながら何かしらの疾患を抱え、その治療のために入院をしています。しかし、中には大きな治療は必要ないが自宅で過ごすことが困難で入院している、高齢による保存的治療が目的で入院している社会的入院も少なくありません。特に療養病棟においてその傾向は高く、そういった病棟では日々の療養生活の支援が中心となる場合がほとんどです。

 ただ、入院中は診療計画や看護計画を立案し、それに基づきサービスを提供していきます。そのため、サービス内容は医療に基づく支援が中心のものになっていきます。

 また、医療現場では医師の指示を頂点とし、看護師、そしてコメディカルというトップダウンのピラミッド型の構図です。そのため、医療現場に従事する介護職員の業務内容は、患者さんの治療をベースとした支援が中心となっています。

 例えば常食で食事摂取が困難な患者さんに対し、リスク(医療事故)を最優先に考え、安全に食事をとってもらえるような食事形態に変更する。あるいは、無理な食事摂取は行わないといったことを考えます。また、認知症疾患があって通常の治療提供が難しい場合、治療を提供するためにも身体拘束や投薬による安静を促す場合も当然あるでしょう。

 あくまで治療することが目的なため、介護職員の意識も「患者さんの病気を治してあげたい」という点に重点が置かれ、業務を行っていくこととなります。

次のページは・・ 介護老人保健施設に従事する介護職員の意識や働き方

キーワード: 老人保健施設 , 住環境 , チームケア

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. サービス付き高齢者住宅の現状と課題

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. 介護現場のさまざまな記録。留意することは・・・

    • ●1
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る