介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

地域共生社会と「どこでもソーシャルワーク」

厚労省は、地域包括ケアの対象を全世代に広げて、「地域共生社会」を推進し、複合化している世帯の課題や地域の課題を丸ごと、包括的に支援しようとしている。その際にどういう支援がフィットするのか? 日本社会福祉士会で猪飼周平氏が行った講演をもとに、筆者が考察する。

関連記事:老いを支える

関連記事:混合介護サービスを具体的に運用するときケアマネジャーが留意すること

関連記事:介護が疲弊しては「わが事」は育めない

私たちの住む社会は「パワーレス」化している

 集団、組織、社会。どう言い換えてもいいのですが、人の集まりというのは不思議なもので、いい塩梅に組み合わさっていると心地よく、何かするにしてもうまく回るものです。しかし、ひとたびそのバランスが崩れると、元に戻すことは相当な厳しさを伴います。

 家族が老いて、病んで、入院して、寝たきりになって、認知能力に障がいを負って……というような変化は、時に、家族内のバランスを決定的に変えてしまいます。地域社会でも、世話焼きな人が1人欠けただけで、様子が変わっていくものです。

 超高齢社会へと向かういま、私たちの住むこの日本は、全国的にそういう「パワーレス」化の過程を辿っているのだと言えます。

 厚生労働省がいま、「これからは地域共生社会だ!」と旗を振っています。地域包括ケアの対象を全世代に広げて、複合化している世帯の課題や地域の課題を「丸ごと」包括的に支援しようという政策です。家庭や地域の力が衰微している今日、それ自体、時宜にかなった考え方ではないか。以下に紹介する講演を聴くまでは、そう思っていました。

次のページは・・ いま必要なのは「伴走者のように寄り添う」支援

キーワード: 地域包括ケアシステム , 互助 , 多職種連携

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 0
賛成 0
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. ケアマネジャーと医師は連携できる?

    • ●0
    • ●1
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 1
ページの先頭に戻る