介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

「生と死」死を覚悟した人の後悔とは

緩和ケアの場で死を覚悟した患者さんのほとんどが、後悔や反省の言葉を残すという。「死」が近くにやってきたとき、介護・医療に携わる者として本当に必要とされるものは何であろうか。どうしたら、十分なケアに近づくことができるのだろうか。

「生と死」

『あらゆる生あるものの目ざすところは死である』 フロイト

 精神分析学者、精神科医のフロイト氏の死生観を表す言葉にこのようなものがあります。

 私たち人間にも「死」を迎える時が来るわけですが、その時がいつなのかは誰にもわからず、ただ漠然といつかは「その時期」が訪れるという認識を持っているということが、一般的な「死」に向かうということなのかもしれません。

 しかし、高齢者は若い世代の私たちと比べて、「死」に対し異なる意識・感覚をお持ちになっているように思えます。私自身、福祉の活動を通して多くの高齢者とかかわらせていただく機会があり、生活歴やご自身が輝いていたとき、つらかったときの話、死についてのお話などを聴く機会も多くあります。

死を覚悟したときの言葉

 オーストラリアで緩和ケアに長く携わってきた看護師のBronnie Wareさんによると、死を覚悟した患者さんのほとんどが後悔や反省の言葉を残すそうです。それらの言葉は、彼女の著書『The Top Five Regrets of the Dying』(Hay House Inc.2012.)/『死ぬ瞬間の5つの後悔』(新潮社2012)の中で紹介されているのですが、今回はその中で特に多かったトップ5をご紹介いたします。

1. I wish I hadn’t worked so hard.?
 「あんなに一所懸命働かなくてもよかった」

2. I wish I’d had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.
 「自分自身に忠実に生きればよかった」?

3. I wish I’d had the courage to express my feelings.
 「もっと素直に気持ちを表す勇気を持てばよかった」

4. I wish I had stayed in touch with my friends.
 「友人といい関係を続けていられればよかった」

5. I wish that I had let myself be happier.
 「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

"The Top Five Regrets of the Dying" Bronnie Ware (Hay House Inc.2012.)

 オーストラリアと日本では文化の違いもありますので、日本でも同じような言葉がトップ5にあがるとは限りませんが、これまで私が関わってきました多くの高齢の方々の中には、自身の後悔の念を語られる方も少なくありませんでした。介護・医療に関わる皆さんも、日常のケアの中でそういった話を耳にしてきた方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。教科書的なケアとして「その人たちの生きてきた道を大切に思い、聴く姿勢をもって接していきましょう」と紹介されることがあると思いますが、介護・医療職として持つべき大切な姿勢ではあっても、果たしてそれだけで本当に十分なケアにつながるのでしょうか? 後悔・反省を語られた方はそれで満足なのか?

 私はもう一つの要素が必要だと考えております。

 それは、語られた言葉・想いを「伝承」していくことです。

次のページは・・ 言葉・想いの「伝承」の担い手に

キーワード: 地域包括ケアシステム , 緩和ケア , 見守り

この記事はいかがでしたか?感想を残そう!

この記事の感想は?

大賛成 2
賛成 4
中立 0
反対 0
大反対 0

== オススメ介護求人 ==

みんなのコメント

コメントをもっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 地域のSW機能を高めるための道筋

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る