介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

医療と介護の連携に関する記事一覧

  1. サムネイル

    退院支援を行う際のMSWとケアマネジャーとの連携

    高齢者が退院するとき、病院側からも介護側からも、ケアを重視する退院支援の体制が整えられてきました。支援の軸となるのは、メディカルソーシャルワ…

    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. サムネイル

    在宅医療は「介護業務の再評価」から

    地域における在宅医療の進め方を議論している「全国在宅医療会議WG」。その第2回の会合で、現場の実践事例について参考人からのプレゼンが行われて…

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  3. サムネイル

    新施設類型で「玉突き現象」が加速!?

    介護保険部会と同時並行で進んできた「療養病床のあり方検討会」で、議論の整理案が示されました。現行の介護療養病床からの転換の受け皿として「3つ…

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  4. サムネイル

    どんな「療養」が必要か

    2011年度までに介護療養型医療施設を廃止し、新型老健へ移行することが進められていました。しかし実際にはなかなか上手く移行できず、これは20…

    • ●1
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 1
  5. サムネイル

    本当に認知症? 高齢者施設の認知症ケアについて考える

    「認知症」と言っても、その行動障がいはさまざま。中には認知症でなく、適切な治療が必要にも関わらず認知症と判断され、症状を悪化させているケース…

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  6. サムネイル

    25年の遠距離介護を終えて見えたもの―家族介護の役割と限界

    東京と長野の遠距離介護を経たのち、筆者の義父は穏やかな最期を迎えた。その体験を通じて知った義父と地域との絆、ヘルパーやケアマネとのかかわりの…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  7. サムネイル

    医療から介護へ、切れ目なくケアしていくために

    各都道府県で「地域医療構想」の策定が進んでいます。介護の側でも、高齢者の退院直後からすぐに在宅介助や介護が生活を支えていかなければなりません…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  8. サムネイル

    高齢者介護施設における看護職員の役割について

    施設での看取りも、もはや珍しくなくなった今日。看護職員に求められるスキルは多様化しています。病院とはまた異なる働きが期待される、高齢者介護施…

    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 1
  9. サムネイル

    「資格を取りやすくする」以前の課題

    経済財政諮問会議において、塩崎厚生労働大臣から「医療・福祉系専門職の養成過程での、共通する基礎課程の創設」が提案されました。(1)各資格共通…

    • ●0
    • ●2
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 1
  10. サムネイル

    何のために介護をしているのか? 現場での理念共有がカギに

    入居型の施設などにおいては、発言力の強い看護師などの発言に、現場が左右される傾向が強いが、そもそも本意でないケアのやり方に無理やり従うより、…

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 1

記事別新着コメント

 もっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 注目資格!介護福祉経営士とは?

    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
ページの先頭に戻る