介護職の想いをつなぐ介護職のウェブマガジン

多職種連携に関する記事一覧

  1. サムネイル

    2018年介護報酬改定 通所介護の新設加算のポイント

    2018年の介護報酬改定で、通所介護にいくつかの加算が新設されました。今回はどんな加算が新設されたか、算定要件は何か?など、加算の概要を見な…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  2. サムネイル

    地域で支えるとは言うけれど…

    「年齢を重ねても住み慣れた場所で自分らしく暮らすことができるように」という考えのもと、地域包括的支援が推進されています。専門職だけでなく、隣…

    • ●0
    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • 0
  3. サムネイル

    形だけのICTに振り回されないために

    2018年度の介護報酬改定の疑義解釈(Q&A)の第4弾が公表され、その中で、今回大幅に拡充された生活機能向上連携加算(訪問系サービス)につい…

    • ●0
    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  4. サムネイル

    生活援助中心型ヘルパー導入、その影響と現場で求められるものとは

    2018年4月より、訪問介護の生活援助を中心にサービス提供する「生活援助従事者研修」が導入されました。身体介護を伴わない分、研修時間は従来の…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  5. サムネイル

    介護家族とのコミュニケーション〜情報共有の方法とメリット〜

    地域包括ケアシステムの構築が進む中、医療と介護の連携の必要性が強まっています。介護報酬にも反映されており、意識を高めている事業所は多いことで…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  6. サムネイル

    「配食サービス」は介護においてどのような位置付けなのか

    高齢者の低栄養が問題になっています。一人暮らしだと、どうしても料理が億劫になりがちです。そのため、さまざまな企業が宅配サービスに参入。介護保…

    • ●0
    • ●3
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  7. サムネイル

    地域のSW機能を高めるための道筋

    東京都の高齢者福祉施設協議会の調査によれば、都内の特養ホームの約7割が「入所の際は要介護度を優先させている」といいます。介護報酬上のインセン…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  8. サムネイル

    高齢者がいつまでも自分らしく生活するために〜生活行為を向上させよう〜

    高齢者がいつまでも自分らしく生活するためには、たくさんの障害があります。特に要介護状態になると老化による心身の衰えはもちろん、人や社会との繋…

    • ●4
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  9. サムネイル

    それでも自宅で暮らせている

    施設介護や在宅介護など、介護に関わる職業はとてもたくさんあります。施設介護でも、主に生活の場として捉える老人ホームや、リハビリあるいは在宅復…

    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0
  10. サムネイル

    栄養の大切さを改めて考えさせられた事例

    日頃ケアする中で、皆さんも利用者様の栄養状態に気を配っていらっしゃると思います。先日、栄養状態に着目し、チームアプローチで栄養改善することで…

    • ●1
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • ●0
    • 0

記事別新着コメント

 もっと見る

こちらの記事もどうぞ

  1. 該当する記事はありません
ページの先頭に戻る