介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

日付:2009/03/24  カテゴリ[摂食嚥下・栄養管理]  閲覧数[20456]

ケアスタッフにもできる!摂食・嚥下の評価と援助

食べることには、3つの大きな意義があります。1つ目は栄養を体内に取り入れ、姓名を維持すること、2つ目は、活動するためのエネルギーを得ること、そして3つ目は、味を楽しみ、人との交流を楽しむなど、生活の質(QOL)を保つことです。いずれも人間らしく生きるために大切なことです。

戸原 玄(とはら はるか)先生:
日本大学歯学部摂食機能療法学講座 准教授。東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修了。
東京医科歯科大学歯学部付属病院 摂食リハビリテーション外来医長を経て、現職。
歯学博士。老年歯科医学会認定医。

第2回障害の有無をどこで見分ける?ー 摂食・嚥下障害の人の「見た目」の特徴とは ー

 高齢者のケアに携わっている人の中には、「この人、うまく食べられないのでは?」とか、「食べていただくため には苦労しそうだな」というふうに直感した経験のある人が少なからずいると思います。
では、なぜそうした印象を持ったのか。この「なぜ?」を突き詰めて考え分類してみると、個々の持つ具体的な 障害が理解しやすくなります。今回は、摂食・嚥下障害の人を見分けるための観察ポイントをお話しします。

1. 摂食・嚥下障害のサインは全身に見られる

 摂食・嚥下障害のある人には、いくつかの外見上の特徴が見られます。
それは意識の状態、呼吸の仕方、話し方、筋肉の付き方、姿勢など全身に及びます。主な観察ポイントと、そこ から読みとれる摂食・嚥下障害のサインを以下に示しました。専門職でなくても誰にでも観察できるポイントなので、ぜひチェックしてみましょう。

1. ひどくやせていないか? 6.口が異常に乾燥していないか? 2. 目が覚めているかどうか? 3.声は出るか? 4.痰はたくさんでているか? 5.口の衛生状態は? 7.のど仏が下がっていないか? 8.呼吸の状態は? 9.首の筋肉の状態は? 10.首は動くか? 11.猫背か?

1. ひどくやせていないか?

やせている人は基本的に筋肉が少なく、のどの収縮力が低下しています。そのため喉の空間を縮めて食べ物や飲み物を食 道に押し込むことがうまくできない可能性が高いのです。この場合には、飲み込んだ後に押し込みきれなかった食べ物が、のどに引っかかってしまいます。引っかかった食べ物をうまく飲み込めればよいのですが、うまく飲み込めなかった場合には誤嚥の原因となります。[イラストに戻る↑]

2. 目が覚めているかどうか?

いつも寝ていて、呼びかけたり、刺激をしても起きない人は、飲み込む反射や咳の反射が起こりにくくなっていることが考えられ ます。そのため唾液や飲食物が喉にたまり、少しずつ気管に流れ込んでいる可能性があり、また気管に唾液などが流れ込んで もムセが起きていないことがあります。[イラストに戻る↑]

3.声は出るか?

声は、声門を閉じ、そこにできたわずかな隙間を空気で振動させることで出てきます。声門が閉じることは誤嚥の防御機能としても重要なのですが、声が出にくい人はこの機能が十分働いていません。また、声門が閉じないと咳もうまくできません。[イラストに戻る↑]

4.痰はたくさんでているか?

痰を常に吸引しないといけないような場合には、誤嚥の危険性がとても高いです。よって少なくとも現段階で安全に食べられない場合のほうが多くあります。[イラストに戻る↑]

5.口の衛生状態は?

口が汚れている人は自浄作用が失われています。例えば、現在口から食事をしている人であれば、食事後に食物が異常に口 の中に残っていたり、口から食事をしていない場合であれば、乾燥した痰が口中に張り付いていたりする場合があります。
このような方は口をうまく使えていないことが容易に判断できます。また、口に乾燥した痰が付いているような人は、同じようにのどにも痰が乾いて張り付いていることが多く、ひどい場合は自分の痰で食道の入口が塞がっていることがあります。[イラストに戻る↑]

6.唾液が少ないか?口が異常に乾燥していないか?

口が異常に乾燥している場合、そのまま口から食べようとすると食物が張り付いてうまく飲み込めません。このような口腔乾燥は、薬剤の副作用、口呼吸もしくは脱水などから来ていることがあります。脱水が疑われる場合には、補整するために水分補 給が必要で、液体がむせるようなケースではとろみ剤や水分補給ゼリーを使用するのがよいと思われます。
軽度から中等度までの脱水であれば経口補水液(OS-1など)を使用すると良いでしょう。[イラストに戻る↑]

7.のど仏が下がっていないか?

のどに十分な筋肉のある人は、下あごとのど仏の間隔は指1本程度です。しかし、のどの筋肉の弱った高齢者はのど仏を支える筋肉が重力にまけてしまい、指が3~4本も入る人ほどのど仏が下がっている場合があります。こうなると、「ゴックン」と飲み込むときにのど仏を持ち上げるのに、非常に時間がかかります。[イラストに戻る↑]

8.呼吸の状態は?

健康な人は、飲み込む前に息を吸い、軽く吐き加減の状態で息を止め(嚥下性無呼吸)、飲み込んだ後、息を吐くという動作を 無意識に行っています。生ビールを飲んだ後、「プハーッ」と吐くのはこの反応。ひどく呼吸が浅い人や、不安定な人は、嚥下 性無呼吸の状態が作れないためにうまく飲み込めていない可能性があります。[イラストに戻る↑]

9.首の筋肉の状態は?

横隔膜など呼吸に必要な筋肉が弱まり、それを補うために首や肩で呼吸をしている、あるいは車イスが体に合わず、姿勢を保持しようと常に首に力を入れているといった人は、首の筋肉だけがムキムキしてきます。首に力が入った状態は飲み込みに不利です。[イラストに戻る↑]

10.首は動くか?

摂食・嚥下にはある程度の首の動きが必要。飲み込みに使う筋肉は首の内部にあるので、外部、つまり首を動かす筋肉が硬くなると、内部が動きづらくなるのです。よって寝たきりなどのために首が固まってしまうと飲み込みに障害が出てきます。[イラストに戻る↑]

11.猫背か?

首や体の筋肉で自分自身の頭と体を支えられなくなった人は、重力に負けて猫背の姿勢になっていく段階で、バランスを取るために顔を上に向けるようになります。するとのどの空間が広くなり、更にのど仏を持ち上げる筋肉が突っ張った状態となり、飲み込みにくくなります。[イラストに戻る↑]

※これらは摂食・嚥下障害の人すべてにあてはまるわけではありませんが、多くの場合、障害を見分ける目安になります。

2. 「パ・タ・カ」「マ・ナ・ガ」で口腔機能をチェック

  言葉がうまく出ない人は、口腔の機能に問題がある可能性があります。
ここで言う「言葉が出ない」というのは、認知症かどうかにかかわらず、「音をうまく作れない」という意味です。音がうまく作れるかどうかを簡単にチェックする方法として、「パ・タ・カ」「マ・ナ・ガ」と発音してもらうやり方があります。

まずは「パ・タ・カ」と発音してもらいましょう。
「パ」 と言うときは唇が閉じます。
「タ」 と言うときは、舌の先が上の前歯の裏に付きます。
「カ」 と言うときは、舌の奥の方が上顎に付きます。
CHECK POINT! この三つの音が作れない人は、
それぞれ唇、舌の先、舌の奥に問題があると考えられます。

「パ・タ・カ」がうまく発音できずに、たとえば「ファ」「サ」「ハ」としか発音できない人がいます。   パ → ファ  唇に問題がある疑いがあります
  タ → サ   舌の先に問題がある疑いがあります
  カ → ハ   舌の後ろに問題がある疑いがあります

「パ・タ・カ」がうまく発音できずに、「マ・ナ・ンガ」と発音してしまう人がいます。
「パ・タ・カ」と言うときとほぼ同じ運動なのですが、いわゆるのどちんこのある部分、「軟口蓋」の動きだけはまったく違います。「パ・タ・カ」のときにのどちんこが上がるのに対し、「マ・ナ・ガ」のときには下がります。のどちんこが下がると鼻から息が抜けます。 「パ・タ・カ」と言っているつもりが「マ・ナ・ガ」になってしまう人は、鼻からの息洩れが心配です。食べたものが鼻に戻ってしまうこともあります。
CHECK POINT! 「マ・ナ・ガ」といえても、「パ・タ・カ」が言えない人は
軟口蓋の動きが悪いおそれがあります。

※ 認知症などで特定の言葉が難しい場合は、お名前を呼んで返事をしてもらい、息の洩れを見つけましょう。

唇、舌、軟口蓋のいずれもわるい場合は、発音は音にならず、ほぼ母音のような音を発生するだけになってしまいます。

3. 観察&問診のダブルチェックが大切

摂食・嚥下障害については、外見上の観察から得られる情報も多いのですが、 第1回で紹介した「摂食・嚥下障害チェックリスト」で本人や家族からの情報を加えると、 個々の状態がより理解しやすくなります。  次回は「摂食・嚥下障害を正確に把握するための検査」と、「口から食べるための 訓練法」についてお話しします。

経口摂取に関するチェックシートを毎回ダウンロードできます。毎号変わりますので忘れずにダウンロードしてください。今回は、「見た目チェックシート」です。

摂食・嚥下障害のチェックシート PDFダウンロード
情報提供協力先
会社概要
会社名 株式会社 大塚製薬工場
ホームページ http://otsuka.jp/c/0002
[連載] 第1回|第2回|第3回第4回第5回