日付:2007/12/19  カテゴリ[インタビュー]  閲覧数[496]

岡田慎一郎さん 「古式術介護の技術は一生ものの財産です」

日本の介護現場では、まだまだ、介護は人の手で行うものである、という考えが浸透しています。また、日本の介護職の実に49%のひとに腰痛の自覚症状があり、27%のひとが腰痛防止コルセットを使用しているという現状をふまえると、介護職の職業病ともいわれていることもうなずけます。
今回は「古武術介護」で有名な岡田慎一郎さんにお話を伺いました。介護作業のありかた、理論を身につけてください。

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する