介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • 服部万里子さん 「これからのケアマネジャーの役割について」

日付:2007/11/12  カテゴリ[インタビュー]  閲覧数[235]

これからのケアマネジャーの役割について

昨年4月の介護保険法改正により予防重視、在宅重視の介護保険に拍車がかかりました。限られた財源のなかで、ケアマネジャーがとるべき行動、考え方とはなどのようなものでしょうか、服部万里子先生に伺いました。

(聞き手:エス・エム・エス 田口茂樹)

服部万里子(はっとりまりこ)
(株)服部メディカル研究所 所長
立教大学コミュニティ福祉学部教授
1969年、早稲田大学第二文学部を卒業。一般企業での勤務後、一般病院にて10年間勤務する傍ら、看護婦資格を取得。1989年、看護婦らで服部メディカル研究所を設立。医療・福祉や高齢者サービスについての調査・研究・コンサルティング事業を 行っている。 2007年より立教大学教授。又、NPO渋谷介護サポートセンターのケアマネジャー・杉並区介護認定審査委員を兼務。

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する