介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • やわらか鮭のチャンチャン焼き風

日付:2008/11/21  カテゴリ[介護食レシピ 玉手箱]  閲覧数[4730]

やよい先生と管理栄養士・研究チームの介護食レシピ玉手箱

やわらか鮭のチャンチャン焼き風

今回のレシピ担当:林弥生(特別養護老人ホーム 管理栄養士)

前回紹介した料理をやわらかく仕上げてみました。味付けでアレンジ可能です。

調理時間 30分
塩分 1.5g
エネルギー 141kcal
材料(4人前)

生鮭

300g

日本酒

大さじ4杯

スルーパートナー

大さじ1杯

玉ねぎ

60g

まいたけ

60g

キャベツ

60g

赤ピーマン

30g

バター

大さじ1杯

赤味噌

大さじ6杯

砂糖

大さじ2杯

マヨネーズ

大さじ2杯

作り方
  1. 生鮭はゆでるか、電子レンジに2~3分かけます。
  2. (1)に日本酒とスルーパートナーを加え、フードプロセッサにかけます。(機械が回りにくいときは大さじ2杯を目安に、少し水分を加えます)
  3. (2)を広げたラップにのせ、かまぼこ状にくるんだら、電子レンジに3分程度かけます。(ここでしっかり加熱しますが、電子レンジにより加熱状態が異なるので途中様子を見てください)
  4. 玉ねぎはスライス、しめじはほぐし、キャベツは短冊切りにしバターと一緒に電子レンジにかけます。
  5. 味噌と砂糖をあわせ、半分を(4)に混ぜフードプロセッサにかけ野菜ペーストを作ります。
  6. (3)の鮭を冷ましたらラップからはずし、残りの味噌を塗ります。
  7. (5)の野菜ペーストをのせてマヨネーズをかけて、できあがりです。
ワンポイントアドバイス
  • 今回使用している「スルーパートナー」は、トロミ剤と同様、高齢者施設ではよく使われるものです。溶かして加熱するとゼリー状に固まる性質のある製品です。同じような働きの製品は他にも出ています。病院の売店などで聞いてみるとよいでしょう。

スタッフ紹介

「からだと心にやさしい料理発信チーム」介護の現場で使える介護食のレシピを考えて頂ける管理栄養士さんチームです。

  • 池田美喜代(学校給食 物資担当)
  • 稲葉さえこ(管理栄養士)
  • 岩崎百合子(料理研究家 給食アドバイザー)
  • 門井澄子(給食委託会社病院勤務 管理栄養士)
  • 木村よし恵(介護老人保健施設 管理栄養士)
  • 須藤佳子(養護学校管理栄養士)
  • 田中洋子(特別養護老人ホーム 管理栄養士)
  • 土屋真紀子(障害者施設 管理栄養士)
  • 中村裕希子(保育園 管理栄養士)
  • 三好ともみ(ワインアドバイザー 惣菜管理士)
  • 林弥生(特別養護老人ホーム 管理栄養士)