日付:2008/12/05  カテゴリ[介護食レシピ 玉手箱]  閲覧数[4641]

やよい先生と管理栄養士・研究チームの介護食レシピ玉手箱

やわらか肉団子

今回のレシピ担当:林弥生(特別養護老人ホーム 管理栄養士)

前回の鮭と同じ要領でハンバーグよりなめらかに仕上げました。
味付けでアレンジ可能です。

調理時間 30分
塩分 1.2g
エネルギー 153kcal
材料(4人前)

鶏ひき肉

200g

大さじ1杯

おろし生姜

小さじ1杯

絹ごし豆腐

1/3パック(100g)

片栗粉

小さじ1杯

1個

にんじん

50g

ブロッコリー

50g

だし汁

300cc

大さじ1杯

砂糖

大さじ2杯

しょうゆ

大さじ2杯

みりん

大さじ1杯

作り方
  1. 鶏のひき肉は、酒、豆腐、おろし生姜を加えてよくこねます。(あれば、材料をフードプロセッサにかけると、さらになめらかになります)
  2. 卵、片栗粉を加えて混ぜます。
  3. にんじん、ブロッコリーは食べやすい大きさに切っておきます。
  4. だし汁と酒を煮立てて、(2)を団子状にしてスプーンで落としていきます。
  5. (4)ににんじんを加え、半分の砂糖としょうゆを加えて中火の弱火で柔らかくなるまで煮ます。紙蓋または落とし蓋をすると良いです。(ブロッコリーをやわらかく煮たいときは、にんじんと一緒に入れると良いでしょう)
  6. 肉団子に火が通ってきたら、残りの調味料とブロッコリーを加えて味を調え、できあがり。
ワンポイントアドバイス
  • 煮汁を絡めたいときは、水溶き片栗粉を加えます。
  • ブロッコリーが食べにくいときは、細かくしてトロミをつけた煮汁にからませると、のど越しがよくなります。

スタッフ紹介

「からだと心にやさしい料理発信チーム」介護の現場で使える介護食のレシピを考えて頂ける管理栄養士さんチームです。

  • 池田美喜代(学校給食 物資担当)
  • 稲葉さえこ(管理栄養士)
  • 岩崎百合子(料理研究家 給食アドバイザー)
  • 門井澄子(給食委託会社 病院勤務 管理栄養士)
  • 木村よし恵(介護老人保健施設 管理栄養士)
  • 須藤佳子(養護学校管理栄養士)
  • 田中洋子(特別養護老人ホーム 管理栄養士)
  • 土屋真紀子(障害者施設 管理栄養士)
  • 中村裕希子(保育園 管理栄養士)
  • 三好ともみ(ワインアドバイザー 惣菜管理士)
  • 林弥生(特別養護老人ホーム 管理栄養士)