日付:2009/04/10  カテゴリ[介護食レシピ 玉手箱]  閲覧数[5176]

やよい先生と管理栄養士・研究チームの介護食レシピ玉手箱

万能便利だし

今回のレシピ担当:林弥生(特別養護老人ホーム 管理栄養士)

和食のベースになる手作りの調味料。常備しておくと便利です。
いろいろと使えるので、便利だしを使った料理を写真で紹介します。

調理時間 5分
塩分 0.1g
エネルギー 2kcal
※塩分・エネルギーは1CCあたり
材料(6人分)

しょうゆ

1カップ

みりん

1カップ

かつお削り節

15g

昆布

5cm

作り方
  1. しょうゆ・みりん・かつお節・昆布を、鍋に入れ煮たてます。
  2. (1)を漉して冷まし、清潔なビンに入れてください。
ワンポイントアドバイス
  • しょうゆとみりんを煮立てることで、調味料の旨みが増します。
    かつお節と昆布の相乗効果でさらに旨みを含んだおいしい調味料です。
  • 清潔なビンに入れれば日持ちしますので、めんつゆ代わりに常備可能です。
  • そばつゆには、好みの倍率で薄めて使います。
  • おひたしにかけたり、オリーブオイルなどを加えてドレッシングにもなります。
  • もちろん煮物にも! 便利だしに水を加えて煮てください。
    最後に照り出しのみりんを加えたり、好みで砂糖を加えたり、自分の味を作れます。
  • かつお節や昆布の旨みを出します。ないときは、しょうゆとみりんのみを保存し、使うとき顆粒だしを加えても大丈夫です。

スタッフ紹介

「からだと心にやさしい料理発信チーム」介護の現場で使える介護食のレシピを考えて頂ける管理栄養士さんチームです。

  • 池田美喜代(学校給食 物資担当)
  • 稲葉さえこ(管理栄養士)
  • 岩崎百合子(調理研究家 給食アドバイザー)
  • 門井澄子(給食委託会社 病院勤務 管理栄養士)
  • 木村よし恵(介護老人保健施設 管理栄養士)
  • 須藤佳子(養護学校管理栄養士)
  • 田中洋子(特別養護老人ホーム 管理栄養士)
  • 土屋真紀子(障害者施設 管理栄養士)
  • 中村裕希子(保育園 管理栄養士)
  • 三好ともみ(ワインアドバイザー 惣菜管理士)
  • 林弥生(特別養護老人ホーム 管理栄養士)