介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.84 《介護支援専門員 一問一答》 第10回 医療分野

日付:2012/10/04  カテゴリ[介護支援専門員 一問一答]  閲覧数[129]

No.84 《介護支援専門員 一問一答》 第10回 医療分野

《 医療分野 》

【 問題28 】
高齢者の栄養・食生活について適切なものはどれか。2つ選べ。


1. 高齢者の低栄養の予防や改善には、専門的な栄養管理が必要なので、介護予防サービス計画は管理栄養士が作成する。
2. 咀嚼力の低下等により十分な食事摂取が確保できない場合には、食事の回数を多くしたり、補食を検討することが必要である。
3. 高齢者は、食事時間や食事形態等が異なり、共に食事をしている人たちに遠慮する場合が多いため、一人で食事をさせた方がよい。
4. 栄養・食生活アセスメントの測定項目のひとつである食事調査とは、既往歴、現病歴から現在の栄養状態を評価することである。
5. 高齢者では、栄養管理に加えて、食事を通しての自立や生きる希望を持てるような支援が必要である。

※第10回(平成19年度) 介護支援専門員実務研修受講試験より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する