介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.89 《社会福祉士 一問一答》 第23回 現代社会と福祉

日付:2012/10/12  カテゴリ[社会福祉士 一問一答]  閲覧数[138]

No.89 《社会福祉士 一問一答》 第23回 現代社会と福祉

《 現代社会と福祉 》

【 問題30 】
ラショニング(配給・割り当て)に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。


1. ラショニングとは、希少な資源を、市場メカニズムを用いずに、コレを必要とする人々に供給するための方法である。
2. ジャッジ(Judge,K.)に寄れば、ラショニングは、財政におけるラショニング、サービスにおけるラショニング、情報におけるラショニングの3種類に分けられる。
3. ケースワーカーが、生活保護の申請者に対して申請を見送るように説得するのは、フォーマルなラショニングに当たる。
4. 保育所の待機児童を、申し込み順に入所させるのはラショニングに当たるが、抽選で入所させるのはラショニングに当たらない。
5. 利用可能なサービスに関する情報を伝えないことは、供給抑制によるラショニングに位置づけられる。

※第23回(平成22年度) 社会福祉士国家試験 試験問題より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する