介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.94 《介護福祉士 一問一答》 第23回 社会福祉援助技術

日付:2012/10/26  カテゴリ[介護福祉士 一問一答]  閲覧数[110]

No.94 《介護福祉士 一問一答》 第23回 社会福祉援助技術

《 社会福祉援助技術 》

《事例問題》次の事例を読んで答えなさい。

【事例】
軽度の知的障害があるEさん(50歳、男性)は、高齢の母親(84歳)と生活していた。
母親は肝がんのため入院治療となったことで、相談支援事業所へ相談、障害者自立支援法での居宅介護(週4回) を受けることになり、M居宅介護従業者(以下、M従業者という。)が担当する事になった。
また、それ以外のEさんの日常生活は近くに住む叔母(76歳)が支えていた。


【 問題32 】
Eさんへの初回訪問におけるM従業者の対応として、適切なものを一つ選びなさい。


1. 親しみを感じさせるために名前をチャン付けで呼ぶように心がける。
2. Eさんを知っている相談支援専門員と同行する。
3. Eさんへの援助内容は、入院中の母親の意思に従うこととする。
4. Eさんの生活歴については、M従業者が直接福祉事務所へ照会する。
5. Eさんを気遣って、Eさんから支援に必要な情報を聴かないようにする。


※第23回(平成22年度) 介護福祉士国家試験 筆記試験問題より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する