介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.98 《社会福祉士 一問一答》 第23回 地域福祉の理論と方法

日付:2012/11/01  カテゴリ[社会福祉士 一問一答]  閲覧数[49]

No.98 《社会福祉士 一問一答》 第23回 地域福祉の理論と方法

《 地域福祉の理論と方法 》

【 問題33 】
イギリスのコミュニティケア、公私関係に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。


1. ベヴァリッジ(Beverridge,W.)は、「ベヴァリッジ報告」の後、「ボランタリーアクション」を公刊し、ボランタリーセクターに対する福祉国家の優位性を協調した。
2. 「シーボーム報告」を受けて、「地方自治体社会サービス法」が整理すし、地方自治体において利用者ごとの分野別部局体制が強化された。
3. 「バークレイ報告」を受けて、「社会サービス法」が成立し、より包括的なノーマライゼーションなどの理念に基づくコミュニティケアが推進された。
4. 「グリフィス報告」を受けて、福祉施設を公的に整備するための「国民保健サービス及びコミュニティケア法」が成立した。
5. ブレア政権は、ボランタリーセクターやコミュニティの役割を重視し、政府セクターとボランタリーセクターが「コンパクト」と呼ばれる協約を結ぶ政策を展開した。

※第23回(平成22年度) 社会福祉士国家試験 試験問題より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する