介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.101 《社会福祉士 一問一答》 第23回 地域福祉の理論と方法

日付:2012/11/06  カテゴリ[社会福祉士 一問一答]  閲覧数[35]

No.101 《社会福祉士 一問一答》 第23回 地域福祉の理論と方法

《 地域福祉の理論と方法 》

【 問題34 】
ボランティア・市民活動等に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選びなさい。


1. 住民参加型在宅福祉サービスは、介護保険制度上の介護報酬の対象とならないものに限って行う市民による活動である。
2. 特定非営利活動法人のうち、「保険・医療・福祉の増進を図る活動」を活動分野としている団体は、平成22年3月現在5割以上を占める。
3. 特定非営利活動法人は、特定非営利活動を行うことを主たる目的とし、その設立に当たっては所轄庁の認可を受けなければいけない。
4. 企業の社会貢献は、自発的に行われる社会活動としてのメセナと芸術文化活動を支援するフィランソロピーに大別される。
5. 社会的企業とは、経営者や株主の利益を最優先し、コミュニティなどに対して社会的な目的のための事業を行う企業のことである。

※第23回(平成22年度) 社会福祉士国家試験 試験問題より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する