介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.102 《介護支援専門員 一問一答》 第10回 医療分野

日付:2012/11/07  カテゴリ[介護支援専門員 一問一答]  閲覧数[60]

No.102 《介護支援専門員 一問一答》 第10回 医療分野

《 医療分野 》

【 問題34 】
訪問リハビリテーション及び介護予防訪問リハビリテーションについて適切なものはどれか。3つ選べ。


1. 医療機関や施設でリハビリテーションを受けていた者については、そのプログラムをそのまま訪問リハビリテーション計画とするのがよい。
2. 訪問リハビリテーションとは、病院・診療所、介護老人保健施設、訪問看護ステーションから理学療法士、作業療法士が訪問するサービスである。
3. 介護予防訪問リハビリテーションは、心身機能の維持回復と生活機能の維持又は向上に重点を置く。
4. リハビリテーションマネジメント加算が算定される場合であって、退院もしくは退所日から一定期間内において、指定訪問リハビリテーションを行った場合には、介護報酬に短期集中リハビリテーション実施加算が算定される。
5. リハビリテーションマネジメント加算をするためには、医師、理学療法士、作業療法士その他の職種が、訪問リハビリテーション実施計画を共同して作成する必要がある。


※第10回(平成19年度) 介護支援専門員実務研修受講試験より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する