介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.114 《介護支援専門員 一問一答》 第10回 医療分野

日付:2012/12/05  カテゴリ[介護支援専門員 一問一答]  閲覧数[54]

No.114 《介護支援専門員 一問一答》 第10回 医療分野

《 医療分野 》

【 問題38 】
高齢者の虐待について適切なものはどれか。3つ選べ。


1. 被虐待高齢者は、男性より女性が多く、また、認知症のある者の方がない者より多い傾向がある。
2. 今すぐには生命に危険はないが、医療を必要とするほどの外傷があったり、そのような外傷を受ける可能性が高いと考えられる場合は、緊急介入の必要性が高いと判定される。
3. 虐待の発見又は、疑いのある状態に直面したサービス提供事業者等は、窓口機関に通報した後は、市町村が第一義的に責任をもって対応するため、対応をしてはいけない。
4. 徘徊をする認知症高齢者に対して、ひもでいすに固定したり、部屋に鍵をかけたり、向精神薬により行動を制限することは、安全を確保するためであっても、身体拘束となる。
5. 高齢者虐待の種類には、身体的虐待、性的虐待、心理的虐待、経済的虐待、介護放棄(ネグレクト)がある。このうち最も多いのは、経済的虐待である。


※第10回(平成19年度) 介護支援専門員実務研修受講試験より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する