介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.119 《社会福祉士 一問一答》 第23回 地域福祉の理論と方法

日付:2012/12/20  カテゴリ[社会福祉士 一問一答]  閲覧数[40]

No.119 《社会福祉士 一問一答》 第23回 地域福祉の理論と方法

《 地域福祉の理論と方法 》

【 問題40 】
事例を読んで、社会福祉の活動に関する次の記述のうち、最も適切なものを一つ選びなさい。


【事例】
Z市では地域住民の参加のもとに、地域福祉計画を作成することになった。そこで事務局を担当することになった社会福祉士は、地域福祉のニーズを把握するために次のような活動を行った。

1. 当該地域に関する既存の統計データいついて、KJ法を用いて再分析した。
2. 子育て中の親に集まってもらい子育てニーズを把握するために、デルファイ法を用いて分析した。
3. 医療・保健・福祉の専門家に対してアウトリーチ法を用いて、意見を集約した。
4. 当事者団体など関係者に集まってもらい、自由面接法を用いてヒアリングを実施した。
5. 地域住民から「自ら地域でアンケート調査をしたい」と相談があったので、調査の専門機関に任せるように助言した。

※第23回(平成22年度) 社会福祉士国家試験 試験問題より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する