介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • けあともTOP
  • 介護記事
  • No.129 《介護支援専門員 一問一答》 第10回 医療分野

日付:2013/01/18  カテゴリ[介護支援専門員 一問一答]  閲覧数[613]

No.129 《介護支援専門員 一問一答》 第10回 医療分野

《 医療分野 》

【 問題43 】
認知症について、より適切なものはどれか。2つ選べ。


1. 認知症の症状は、記銘力や記憶力の障害、見当識障害、判断力や理解力の低下等であり、運動障害や嚥下障害はほとんどみられない。
2. アルツハイマー病の場合、CTスキャンの所見としては、脳室が縮小する。
3. 認知症ケアは、他者との交流を持ち続けることが重要であるため、「よりそうケア」よりは「あたえるケア」を基本として行う。
4. 認知症高齢者を介護する家族に対するケアとしては、孤立した状態を避けるため、ボランティア等による地域での見守りのシステムを作ることも有効である。
5. 認知症は、早期の治療やケアが有効であるので、症状が出現したら早期に専門機関を受診する必要がある。


※第10回(平成19年度) 介護支援専門員実務研修受講試験より

続きをご覧になるには会員登録が必要です。

ログインする/会員登録する