日付:2013/10/31  カテゴリ[ちょっと休憩]  閲覧数[605]

年末年始の海外旅行動向 9連休効果、贅沢旅行が人気 働き世代の宿泊単価約22%増

楽天トラベル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山本考伸)は、2013年12月28日~2014年1月5日の年末年始期間における海外旅行の予約状況についてまとめた。

【対象期間】
2013年12月28日(土)~2014年1月5日(日)
【ハイライト】
海外宿泊(人泊数):前年比 +88.8%
エリア:香港前年比+204.6%、タイ同+140.1%、シンガポール同+136.9%
宿泊単価(1人泊あたり):前年比 +20.1%
宿泊ピーク日:12月31日(火)

今年の年末年始の海外宿泊予約は、前年比プラス88.8%と大きな伸びを見せた。これは、9連休となる日並びの良さに加え、アベノミクス効果もあって、海外旅行の需要が高まっていることが要因と見られる。今年は例年に比べ、早期の予約が増えていることも特徴だという(10月23日調査日現在)。

【年末年始の特徴】
●30歳代、40歳代、50歳代の働き世代の予約が好調
●高単価傾向で、“贅沢旅行”が人気
●予約が早期化、1月出発が人気

■30歳代、40歳代、50歳代の働き世代の予約が好調
どの年代も大きく伸長しているが、特に、景気動向の影響を受けやすい働き世代の伸び幅が大きく、30歳代が前年比プラス68.0%、40歳代が同プラス89.7%、50歳代が同プラス94.7%となった。

■高単価傾向で、“贅沢旅行”が人気
1人泊あたりの宿泊単価は、前年比プラス20.1%と高単価で贅沢な旅行の人気が高まっている。中でも30歳代の伸びが最も高く、前述の予約数と同様に働き世代を中心に伸長している。

■早期予約が増え、年明け出発が人気
例年に比べ予約の動きは早く、人気エリアでは、すでに多くの予約が入っているという。宿泊日別にみると、年明けからの出発に人気が集中している。元日を日本で過ごした後でも海外旅行に出かけられる日並びの良さが影響したと考えられる。

■国別前年比ランキング
国別では、香港が前年比プラス204.6%と大きく伸び、比較的近距離のアジア圏が上位を占める中、5位にアメリカがランクインした。

【国別 宿泊予約数(人泊数)前年比ランキング】
1位 香港 +204.6%
2位 タイ+140.1%
3位 シンガポール+136.9%
4位 台湾+118.7%
5位 アメリカ合衆国+99.1%
※アメリカ合衆国はハワイ、グアム、サイパンを除く

【各エリアの好調要因】
香港:日本人が好む食文化、日本からのアクセスの良さが人気の要因。クリスマスのイルミネーションや高層ビル群のライトアップをバックにしたカウントダウンなどのイベントにより近年予約が増加している。

タイ:日本とタイの良好な関係を背景に、タイ国際航空が日本線を増便するなど、利便性が高まっている。これに加え、グルメ、ショッピング、スパやゴルフなどが比較的リーズナブルな価格帯で楽しめることも人気の理由。

シンガポール:話題のマリーナベイエリアの人気に加え、シンガポール航空の増便などアクセスの良さも手伝ってレジャー需要が年々増加する傾向にある

台湾:週末に行ける身近な海外として人気が高まり、LCCが増便されるなど活況を呈している。特に年明け出発の予約が伸びている。

アメリカ合衆国:アメリカ合衆国の観光促進団体である「ブランドUSA」は、日本人旅行客の集客に力を入れている。ロサンゼルス、サンフランシスコなどの西海岸やラスベガス、ニューヨークが人気を集めている。

楽天トラベル株式会社

この記事に関するコメントを見る、書く