介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

日付:2013/11/29  カテゴリ[業界情報]  閲覧数[869]

20代男性の4人に1人「年末年始、ひとつも楽しみはない」と回答 クロス・マーケティング

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、東京・千葉・埼玉・神奈川の「一都三県」在住、「地方在住」の20~69歳の男女を対象に、「年末年始休暇に関する調査」を実施した。※今回の調査では、東北地方と九州地方に在住の人を『地方在住』として定義した。(北海道・沖縄を除く)

■調査結果
・【理想の年末年始の過ごし方】について、全体では「自宅で過ごす(家族や親戚と)」と回答した人が47%で最も高く、「国内旅行(宿泊を伴う)」が15%で続く。



・【年始休暇の一番の楽しみ】では、20代男性の4人に1人が「ひとつも楽しみはない」と回答。



■その他
・【理想の過ごし方】と【実際に行う予定】が異なる人では理想の年末年始を過ごすために不足しているものは、「お金」が63%で最も高く「休暇の長さ」が33%で続く。
・【年末年始一緒に過ごす予定の人】では、「配偶者」の57%を筆頭に、「自宅、もしくは配偶者の親」(46%)、「お子様」(44%)が続くなど、家族で過ごす事が多いことがうかがえる。


■調査概要
調査手法:インターネットリサーチ(クロス・マーケティングアンケートモニター使用)
調査地域:一都三県(東京・千葉・青森・神奈川)、東北(青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島)、九州(福岡・大分・佐賀・長崎・熊本・宮崎・鹿児島)
調査対象:20~69歳の男女
調査期間:2013年10月31日(木)~2013年11月4日(月)
有効回答数:一都三県500サンプル、地方在住600サンプル

株式会社クロス・マーケティング

この記事に関するコメントを見る、書く