介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 楽しむ・レク > カラオケで口のリハビリ

楽しむ・レク

カラオケで口のリハビリ

歌を歌うことは、音楽療法のひとつです。口の動きが悪い構音障害や、口が思うように開かない開口障害に適しているだけではありません。歌を歌うためには当然「声を出す」ことが必要ですが、そのためには呼吸が不可欠です。そのため肺活量を増やし、腹筋の筋力アップを図ることに適しているのです。

また口が動くのは、歌う時だけではありません。話をしたり、胃ろうなど特別な場合を除き食事の際も動きます。「口を動かす」という行為は簡単に思われがちですが、いかに大切なことかがお分かりになるでしょう。またこの行動が血流を良くし、唾液の生成を促すことによる口腔衛生にも繋がります。歌うということは、身体の機能回復だけでなく心をリフレッシュさせる効果も期待できます。