介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 排泄・おむつ > 「おむつかぶれ」になったときには

排泄・おむつ

「おむつかぶれ」になったときには

トイレでの排泄が難しくなり、やむをえずおむつを使用する場合には、おむつかぶれに気を付ける必要があります。

おむつをあてている範囲、特に汚れの付着する部分は皮膚が弱くなり、雑菌に対する抵抗力が弱くなっています。そのうえ、おむつ交換のときにおしりふきなどで摩擦されることによって、皮膚はさらにダメージを受けることになるのです。

おむつかぶれを防ぐには、こまめなおむつ交換はもちろんですが、市販のおしりふきではなく柔らかい布にぬるま湯を含ませたものを使用する、あるいはぬるま湯で洗い流すなど、できるだけ皮膚への負担を減らすことが必要です。