介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 見る・聞く・話す・書く > 高い声と低い声、どっちが伝わる?

見る・聞く・話す・書く

高い声と低い声、どっちが伝わる?

加齢による老人性の難聴の特徴は、高い音域が聞き取りにくくなることです。そのため利用者さんに話しかけるときには、ゆっくりした低めの声で話かけましょう。こちらの伝えたいことを分かってもらうには、相手にとってどのような音域が聞き取りやすいのかを知る必要があります。

何を言っているのか何度も聞き返すのことは、そのままストレスにつながります。また口調が速いとまくしたてられているように感じる人もいるので、気をつけなければなりません。信頼関係を築き、より良いコミュニケーションを図るためには、加齢による身体の変化や特徴を的確に把握することも大切なのです。