介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 介護の最新情報 > 特養老人ホームの入所基準がかわる?

介護の最新情報

特養老人ホームの入所基準がかわる?

高齢化社会の日本においては、今後ますます要介護と認定される高齢者の増加が予想されます。特別養護老人ホームでも、入所者が増えていく流れにあるのです。

そのため厚生労働省では、介護保険制度を維持する目的で特別養護老人ホームの入所基準を厳しくする方針を固めました。入所できるのは原則として、「要介護3」、つまり生活のすべてにおいて介護が必要となります。これには、在宅でのケアでは負担が重い高齢者から入所させようという考えが見られます。

そのため要介護度の低い人は、できるだけ在宅でケアするという方向になります。しかし反対意見もあるようですので、今後どうなるか注目されています。