介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 仕事全般 > 出勤できないときには早めの連絡を!

仕事全般

出勤できないときには早めの連絡を!

介護施設には職員の人数の規定があり、「要介護者●人につき1人」など必要な職員の数が決まっています。そのため欠勤する場合は、他の職員に代わってもらうことになるときもあるでしょう。また特別養護老人ホームやグループホームなどでは、24時間体制で職員が勤務しています。そこでは早出や日勤、遅出、夜勤などとシフトが組まれていることが少なくありません。

つまり欠勤する場合には、1日代わってもらうだけでなく、何日もの勤務を変更しなければならないこともあり得ます。そのためどうしても出勤できないときは、できるだけ早めに連絡して職員の勤務の変更がスムーズに行えるようにしましょう。