介護職のひとや目指すひとを応援する情報サイト

  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

けあとも

けあともトップ > 介護のコツ > 仕事全般 > 電話対応のキホン

仕事全般

電話対応のキホン

電話で誰かと話すとき、どのようなことに気を付ければ良いのでしょう。電話で話す場合は当然ながら、テレビ電話は別として相手の顔は当然見えませんよね、そんなとき低い声で抑揚をつけずに話すと、相手に「機嫌が悪いのだろうか?」あるいは「話したくないのだろうか?」という印象を与えかねません。また、早口でまくしたてるような口調だと、威圧感を持たれてしまいます。

表情が見えない分、電話では声のトーンや話し方に配慮する必要があります。声のトーンを普段より少し高めにし、多少スピードを抑えて話すことで、電話での意思疎通がスムーズになります。